だいこん屋 巴里一区

厚切り熟成肉と地中海魚介料理の大衆ビストロ
 03-5779-8815
お問い合わせ

ご挨拶&店名

aaaaa.jpg

シェフ 中薗ただあき

こんにちは、
だいこん屋 巴里一区 シェフの中薗です。
私は学生時代より料理が好きで
『老舗フレンチ銀座レカンや伊カルミネ氏の料理店等さまざまなお店にて培ってきたフランスの伝統的なママンの味でお客様の食事の時間を楽しんでいただきたい。』
そんな想いで毎日美味しいもの作りに励んでます。
ぜひ一度ご来店ください。 

 

 

 

『だいこん屋 巴里一区』
店名の由来

 

吉祥寺だいこん屋.jpeg

 

1987年にシェフの両親が「気軽なビストロを作りたい」という思いから、
吉祥寺にビストロをオープンさせました。

当時のビストロやフレンチはまだまだグランメゾンのような高級なイメージが強く、
カジュアルなお店はとても少ない状況でした。

両親はフランスや地中海各国の家庭料理のもつ温かみやシンプルな料理性に感銘を受け、
家庭的な気軽に通えるビストロを目指しお店のオープンに至りました。

店名をつけるにあたり、
あまり知られていませんが地中海沿岸では古来より”だいこん”が各地で自生しており、
土地があまり豊かでなくても力強い生命力で生きづき、各地で日常的に食べられていた事に注目し、
お店も地域に力強く根付き、たくさんのお客さまに欠かせないお店になれるよう店名の冠に”だいこん屋”をつけました。
また、当時から横文字店名の多い中あえてオシャレさを出す為にパリを”巴里”とし、
本場パリのレストラン多いの区画の4区ではなく、語呂の良さを重視し”一区”を合わせ”巴里一区”となりました。
そして、「だいこん屋 巴里一区」は誕生しました。

シェフ自身、両親の店「だいこん屋 巴里一区」を手伝う事で料理の道を目指し、
数々のお店での修行を経て自身のお店をオープンさせるまでに至りました。

両親の思いや当時の料理、自身の作りたい店のコンセプトを体現する為に
当店の店名も両親から引継ぎ、「だいこん屋 巴里一区」とさせていただきました。

 

 

当時のだいこん屋巴里一区
はなこ.jpeg
Hanako1988年9月号

 

ぴあ.jpeg
ぴあ 1990年

2018.05.22 Tuesday